英語でメールが来た場合の対応

英語でメールが来た場合の対応

新着メールの中にはスパムがあります。

英語のメールのその中の一つですが、中には重要なことを書かれていることがあります。

私が経験した話ですが、スマホのアカウントが流失したというメールが英語で届いたのです。

登録している国が日本なので不振に思ったのですが、クレジットが使用された形跡がありました。

損失は1000円程度でした。

おそらくゲームアプリを課金したのか、電子書籍を購入したのでしょう。

英文できたということは、英語圏の方が私のアカウント勝手に使用したということです。

そういった文章が送られてきたのですが、英文じゃわかりません。

英語力がなかったので翻訳ツールで日本語に変換しました。

英文を訳せないというかたは翻訳できるサイトやツールがあるので利用してみるといいでしょう。

迷惑メールとして処分してしまうと、後々面倒なことになることもあるので注意しましょう。

最近では英文を書くのが面倒な人向けで音声入力もあります。

メールの対応に困るとき

これからメールを送る相手が英語でしか対応できないとなると非常に困りますね。

ビジネス向けの英文の例文を紹介しているサイトを参考にしてみるといいでしょう。

英語が全くできない人でも簡単に英文にすることができます。

しっかり英文になっているかをメールで送信するときにチェックしておきましょう。

翻訳サイトで英文を翻訳してみると分かり易いです。

よくある英文のやり取りを紹介しているサイトを見て英文でメール送る知識を得ておきましょう。

私たち日本人が使っている意味と用法が異なることもあり、相手側に間違った情報を伝えることもあります。

学校で習うレベルの英語力では相手側には伝わらないことが多いので注意しましょう。

英語メールでビジネスに差をつける

ビジネスで英文にする必要性はありますが、日常生活では英語圏の人との付き合いがないことは多いです。

友人知人の関係ならば日本語で送っても問題ないでしょう。

送る側も受け取る側も翻訳ツールを使えば問題ないのでわざわざ英文にする必要はないです。

問題となるのはビジネスの時だけですね。